日本料理 キレイになるための食卓
HOME
CONCEPT
キレイになるための食卓とは?
キレイを作るための食べ方

MENU
ディナータイム
ランチタイム
個室・テーブル席
フォトギャラリー

INFORMATION
店舗案内

SHOP INFORMATION

Facebook

キレイを作るための食べ方

野菜のソムリエが栄養と効能の面からメニューを提案

[スタイルシート]
[スマホ表示調整タグ]
[スマホ用アイコンスクリプト]
  ストレスから解放しやすい効果の期待される食材
日ごろ知らぬ間にたまって来るストレスそのストレスに立ち向かえる身体造りの食材

人はストレスを受けるとそれに負けまいとアドレナリンと言うホルモンを出しますが
その時に多くのビタミンCが消費されます。
・・・・・イチゴ・キウイフルーツ・みかん等の果物

それにマグネシウムとたんぱく質も消費されます。・・・・・白身魚・鶏のささ身

そしてイライラした時はマグネシウムとカルシウムを摂取しますと緩和されますので
ピーナッツ等のナッツ類や乳製品を補給してはいかがでしょうか。

仕事中などで食事が出来ない時はドリンクや栄養補助食品・タブレット等でも結構ですので無理はしすぎないでください。

  コラーゲンの効果的な摂取方法
コラーゲンはそれだけ食べたのでは、カロリーの摂取にはなりますが、栄養分の吸収にはなりません。同時にビタミンCを摂ることによって初めてコラーゲンを吸収できますので効果的に摂取するには、コラーゲン+ビタミンCの入った野菜類を食べる事をお勧めします。

<メニュー>
牛すじ入りジャガイモのハンバーグ、地鶏のトマト煮

  紫外線対策になる食事
・ビタミンCを少しずつ1日何度も摂る
→メラニンの沈着を抑え、出来たメラニン色素を薄くする効果

・ビタミンA
→皮膚の新陳代謝を促進して日焼けを遅らせる働きがある

・カルシウム+ビタミンD
→肌のバリア機能をUP

・ビタミンBとビタミンE
→肌の細胞を活発にして、新陳代謝を促し老化を抑える、つまり、カルシウムとビタミン群を食べることが効果的

<メニュー>
スズキのソテー小松菜ソース掛け
(カレイの唐揚+サラダorお浸し)

  吹出物、肌荒れに効果的な食事
ビタミンB6が腸内の環境を整えます。それの育成を助ける為に発行食品を食べ、善玉菌を増やしましょう。それと食物繊維を食べ、腸内洗浄効果。そして、吹出物の角化異常には、ビタミンAとEを摂ると効果的、その他亜鉛やカルシウムを摂るとより良くなります。

<メニュー>
野菜たっぷり牛すじ煮、温サラダ+漬け物

  むくみに効果的な食事
身体の疲労を少しでも早く回復させ、臓器が活発になるような食事を摂りましょう。ビタミンB1は疲れにくい体をつくり、カリウムは水分を排出する働きがあります。ナトリウム(塩)を摂ると水分を蓄えるので、むくみ易くなります。カリウムは野菜全体に含まれ、水溶性なので水に溶けますが、壊れたりしないのでスープ等にしても大丈夫です。

<メニュー>
合鴨雑炊、地鶏雑炊、地鶏トマト煮

  無理をしすぎない食べ方
3日単位で考えて食事をしてもOKです。毎日がバランス良く食事をする事は難しいです。忙しく朝食が食べられなかったり1日中野菜が食べられなかったりする事もあります。そんな時は、翌日や翌々日に多めに野菜を食べる事によって、身体の方がバランスを保つ様になっています。

<メニュー>
温サラダ、冷サラダ、稲庭うどん、茄子の野菜揚げ出し、 揚げ出し豆腐野菜あん掛け

▲このページのTOPへ
▲このページのTOPへ

[スマホ用メニュースクリプト]
アクセス解析タグ
COPYRIGHT(C)2008 KIREI-SHOKUTAKU. ALL RIGHTS RESERVED.